作りたい表があった時、初心者が失敗すること

表の作り方

作りたい表があった時、初心者が失敗すること

作りたい表があった時、初心者が失敗すること


パソコン初心者が文字入力で困ったら読む本 一本指でもサクサク打てる、キーボード超入門/可知豊【1000円以上送料無料】


表を作ってみよう

 
作りたい表があったらどうしますか。

さあ、早速表を作ろうと思っても、ちょっと考えてしまいます。

表だからエクセルと考えてしまいますが、特別に計算とか必要ないし枠を作って文字や文章を入力するだけであればワードでもいいですよね。

実際、このような表はエクセルで作った方が良いのかワードで作った方が良いのか迷ってしまいます。

表を作るのはエクセルでもワードでも作ることができますから。

その時は、作りたい表がどんな表か考えます。

サンプルがあればサンプルを見ます。

なければ手書きで良いので書いてみます。

それでおおよその表を把握します。

データを入力して計算させたいのであれば、エクセルが良いでしょう。

表を印刷して手書き入力やパソコンで文章を入力するのであればワードでの作成もできます。

作った表を印刷して使いたい時は、用紙の大きさは通常はA4サイズになります。

作りたい表がA4サイズに簡単に納まるようであればワードでも良いですが、A4サイズでは納まらないことがハッキリしている時はエクセルの方が作りやすいようです。

ワードでは最初に用紙の設定をしますので、用紙サイズをA4とかB5、
B4など用紙サイズが先に決まります。

エクセルは必要な表を作って、印刷する時に用紙のサイズを決めることができます。
(もちろん最初から用紙を決めて作っても良いです。)

 
 

細かなことは気にしない、ラフな表で大丈夫

 

表を作り始めた時、やってしまいがちなのが、最初からきちんとした表を作ろうとすることです。

「表を作りたいからきちんとした表を作るのはあたり前!」、と言われそうですが。

それはそうですが、最初からきちんとした表を作ろうとしても実際に文字や文章、数値を入力していくと文字や数字の幅によって最終的に表の編集が必要になることが多いです。

そこで、大枠でよいので表の列と行はいくつ必要になるか考えてから作り始めましょう。

そして、文字や数字を入力して必要な幅を最後に決めていくと全体的に表の形が出来上がってきます。

このような方法が結果的に早くきれいな表ができます。
 
 

下書きしよう

 

ワードで表を作ることは結構苦手な方が多いような気がします。

また、エクセルでも少し複雑な表になると迷われる方もいます。

表を作ろうといきなりワードやエクセルを立ち上げてパソコンに向かっても中々前に進みません。

まず、手書きでも良いのでどんな表を作りたいのか書いてみます。

そうすることで、少し複雑な表であせらず作ることができます。

表を作る経験が増えると、どんな表をどのように作ったらよいか段々とわかってきます。

 


作りたい表があった時、初心者が失敗すること

 

パソコンの小さい疑問をコツコツと!
気になる事をそのままにしないで一つ一つ解決すればいつの間にかできている。

悩むより電話する方が早い!

下記まで電話くださいね。


熊本市への出張レッスン対応
PR







コメントを残す