IF関数を活用する②


友だち追加数

IF関数を活用する②

表を作成して計算式を入力した時、見栄えが良くない時があります。

例えば、下記のような場合です。

見栄えが良くない時

この場合は、「0」を表示させない方が見栄えが良くなります。




1.まずは、計算式を削除します。(Deleteキーで消せます)




2.IF関数を挿入します。

論理式 D3=“ ”   (“ ”空欄を表します。)

真の場合 “ ”

偽の場合 C3*D3




3.【OK】をクリックし、フィルハンドルコピーで残りのセルに計算式をコピーします。




4.これで、「個数」が空欄の時は計算も空欄となります。

「個数」が空欄の時は計算も空欄




5.評価の判定の場合でも同じようにできます。

評価の判定の場合でも同じように




6.IF関数を再度入力します。

論理式 C3=“ ”   (“ ”空欄を表します。)

真の場合 “ ”

偽の場合 IF(C3>=80,"合格","不合格")




7.【OK】をクリックし、フィルハンドルコピーで残りのセルに計算式をコピーします。




8.これで、点数が空欄の時は評価も空欄になります。

点数が空欄の時は評価も空欄になります



エクセル2013で表やグラフを作ろうへ戻る

PR


動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro]
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
やよいの白色申告オンライン
ビジネスに適した機能を低価格で!さくらのレンタルサーバ ビジネス