1行おきにセルの色を変えるには

1行おきに色の付いた表を見たことがあるかと思います。

行おきに色分けされていると見やすいものです。

これを作るには、1行おきに色付けをしてもいいのですが、面倒です。

また、行を挿入したりすると順番が変わってしまいます。

そこで、条件付書式を利用します。

条件付書式を使えば、行の挿入にも耐えることができます。

行番号が偶数の行に色をつけるには、表範囲を選択しておいて、条件付書式から、「数式が」を選び =MOD(ROW(),2)=0とし、書式で好みの背景色(または網掛け)を選択します。

これで、OKボタンを押せば、選択範囲の偶数行の背景に色が付きます。

ここで使っているROW 関数は、ワークシートの行番号を返す関数です。MOD 関数は、割り算の余りを求める関数です。

この式は、ROW 関数で行番号を求め、それをMOD関数内で 2 で割り、余りが 0かどうかを判定しています。

0 なら行番号は偶数ということになり、指定した書式が適用され、色が付きます。

なお、奇数行に色をつけるには、数式を=MOD(ROW(),2)=1」とします。




エクセルの裏技

トップ