シートの作業範囲を限定するには

シートの作業範囲を決めて操作したいと思ったことはないでしょうか。

ワークシートでカーソルの動く範囲は限定して使うことができます。余計なところまでスクロールしないので意外と便利です。

まず、動かす作業範囲を決めておきます。たとえば、A1:J25のように。

次に、ツール → マクロ → Visual Basic Editorから、VBEの画面を表示させます。左側に、プロパティウィンドウが表示されているか確認します。表示されていないときは、VBEの表示 → プロパティ ウィンドウをクリックすると表示されます。

シートの作業範囲を限定するには1

プロパティ ウィンドウで[ScrollArea]の文字を見つけてください。その右横 が空欄になっているはずです。そこへ、「A1:J25」を入力します。VBEを閉じ ます。

これで、一般画面に戻ると、カーソルは「A1:J25」の範囲しか動かないはずです。作業効率がよくなります。

シートの作業範囲を限定するには2

なお、ブックを保存すると、この範囲はクリアされます。




エクセルの裏技

トップ