罫線が入った便箋をつくろう

Word2013

罫線が入った便箋をつくろう

罫線が入った便箋を作ってみませんか。

いつもは真っ白な紙に印字していると思いますが、罫線を入れると読みやすくなったりします。

また、予め印刷しておけば手書き便箋としても使えます。

方法としては【ヘッダーとフッター】を利用します。

 
1.本文(文章入力部分)の行間を固定させます。
 

 
 

2.【ホーム】の段落の右下にある【段落の設定】をクリックします。
 

段落の設定をクリック
 
 

3.【段落の設定】で下記のように設定します。
 

 
 

4.【インデント】で左右のインデントを【1字】に設定します。
 

 
  
5.【行間】の設定を【固定値】にし【間隔】を【19pt】にします。
  

 
 
6.【OK】をクリックします。
  
下記のように設定

 
 
7.罫線の文字位置調整用に仮の文書を入力します。
  
仮の文書を入力

 
 
8.【挿入】の【ヘッダー】をクリックします。
  
ヘッダーをクリック

 
 
9.【ヘッダーの編集】をクリックします。
  
ヘッダーの編集をクリック

 
 
10.ヘッダーの編集画面のまま、テキストボックスを使います。
  

 
 
11.【挿入】の【テキストボックス】をクリックします。
  
テキストボックスをクリック

 
 
12.【横書きテキストボックスの描画】をクリックします。
  
横書きテキストボックスの描画をクリック

 
 
13.テキストボックスを作成します。
  
テキストボックスを作成

 
 
14.テキストボックス内をクリックして、【 ENTER 】で3行程度、行を作ります。
  
3行程度、行を作る

 
 
15.3行を選択します。
  
3行を選択

 
 
16.3行を選択したまま、【段落の設定】で行間を設定します。
  

 
 
17.【行間を】を【固定値】【間隔】を【17.5】に設定します。17.5を設定する時は、直接17.5と入力できます。
  
段落の設定で行間を設定

 
 
18.続いて罫線を引くために、【デザイン】の【ページ罫線】をクリックします。
  
ページ罫線をクリック

 
 
19.【罫線】のタブをクリックし、【種類】を点線、【色】をグレーにします。
  
種類を点線、色をグレー

 
 
20.【プレビュー】から横罫線だけを選択します。
  
横罫線だけを選択

 
 
21.【OK】をクリックします。
  

 
 
22.テキストボックスを移動させて、罫線と文字の位置を合わせます。
  
罫線と文字の位置を合わせる

 
 
23.【 ENTER 】を押すことで罫線を追加しながら、全体の大きさや位置を合わせます。
  
全体の大きさや位置を合わせる

 
 
24.続いて、テキストボックスの編集です。
  

 
 
25.【テキストボックス】の【書式】から【図形の塗りつぶし】で【塗りつぶしなし】をクリックします。
  
塗りつぶしなしをクリック

 
 
26.【図形の枠線】から【線なし】をクリックします。
  
線なしをクリック

 
 
27.【ヘッダー】を閉じます。
  
ヘッダーを閉じる

 
 
28.文字の位置調整用の仮の文字を消します。
  

 
 
29.罫線入りの便箋ができます。
  

 

 

Word2013の応用的な使い方に戻る

 

参考図書

Microsoft Word 2016 応用

Microsoft Word 2013 応用 Windows 10/8.1/7対応 (FOM出版のみどりの本)