Tabキーの使い方について

Tabキーには、いろいろな役割が設定されています。

データを入力してEnterキーを押すと、標準設定ではアクティブセルは、下へ動きますが、このとき右横へ動かすにはTabキーを押します。左へ動かすには、「Shift+Tab」キーで左へ動かせます。

もう一つTabキーは、ダイアログボックス内でカーソルを下の入力枠へ移動するのに使えます。

これはエクセルだけでなくパソコン上のあらゆる入力ボックスに有効だと思います。

たとえばIF関数の貼り付けボックスで「論理式」の入力が終わったあと、Tabキーを押すとカーソルが「真の処理」の入力枠へ動きます。更に、Tabキーを押すと「偽の場合」へ動きます。

これまで、マウスでカーソルを移動していた方もTabキーはとても便利です。




エクセルの裏技

トップ