表の背景に画像を入れたい

作成した表を用意します。

次に図形描画で、四角形を選択し、入れたい写真のサイズで表の上に四角を描きます。(図形の調整 → 位置合わせ → グリッドでセル位置にピッタリ合わせられる)

次に、四角形を右クリックし、「オートシェイプの書式設定」を選択します。するとオートシェイプの書式設定ダイアログボックスが表示されます。

この書式設定のボックスで、色と線のタブ内で、塗りつぶしの色の選択から「塗りつぶし効果」を選びます。

これで、塗りつぶし効果のダイアログボックスが表示されます。

このボックスで図のタブから、「図の選択」をクリックして、パソコン内のファイルから画像を選択します。

この時、図の縦横比を固定するにチェックを入れておきます。これで、四角内に画像が挿入されます。

ただこれだけだと、画像が貼り付けられただけなので、背景になっていません。

そこで、色と線のタブ内で、塗りつぶしの色の中にある透明に注目します。

この透明化ボタンを好みの位置まで右へずらします。右側にパーセントで表示されます。適当な透明度で設定します

さらに、四角形の外枠も消してしまいましょう。色と線のタブ内で線の色で、線なしを選びます。

これで外枠が消えます。表のサイズを変更しても、画像は自動的に拡大縮小します。




エクセルの裏技

トップ