友だち追加数

相対参照と絶対参照




●相対参照



1.特産品出荷表の前年比を計算します。

特産品出荷表の前年比




2.前年比の計算式を入力します。(今年度出荷数÷前年度出荷数)

前年比の計算式




3.他の行にも計算式をコピーします。

計算式をコピー




4.計算結果を%表示にします。

計算結果を%表示




5.%表示になります。

%表示





●絶対参照


1.特産品出荷表の構成比を計算します。

特産品出荷表の構成比を計算




2.構成比の計算式を入力します。(今年度出荷数÷合計)

構成比の計算式を入力




3.他の行にも計算式をコピーします。

計算式をコピー




4.他の行では計算式エラーがでます。




5.計算式を確認してみます。

計算式を確認




6.計算式のエラーの原因は分母が【D8】に固定されていないからです。

  このような常に固定されているセルを参照することを絶対参照と言います。




7.【D8】を固定させるためには、計算式を入力した際、絶対参照のセルを指定したあとに、【F4】キーを押します。【$D$8】のように【$】の記号が付きます。

【$】の記号が付きます。




8.他の行にも計算式をコピーします。

計算式をコピー




9.計算式がコピーされます。




10.%表示にします。

%表示



エクセル2013で表やグラフを作ろうへ戻る