ワークシートの連携


友だち追加数

ワークシートの連携

複数のシートを活用することによって色々な資料を作成できます。

複数の営業所のデータを集計します。

東京営業所、大阪営業所、福岡営業所のデータの集計表を作ります。

ここでは、東京営業所と大阪営業所までの資料ができています。

残りの福岡営業所のデータ表を作るところから始めます。

【sheet1】に経費予算実績

【sheet2】に東京営業所

【sheet3】に大阪営業所の表が作ってあります。

経費予算実績

東京営業所

大阪営業所

シート名




1.【Sheet3】をクリックします。

【Sheet3】をクリック




2.【Ctrl】キーを押したまま【Sheet3】を右に移動させます。




3.【Sheet3(2)】ができ、コピーされます。

コピーされます




4.【Sheet3(2)】のデータを修正します。




5.営業所名を【福岡営業所】に修正します。

【福岡営業所】に修正




6.【データ】を入力します。

【データ】を入力




7.【シート名】を変更します。
  表の作成 シート

【シート名】を変更




8.シート見出しの色を変更できます。




9.【シート名】の上で右クリックします。




10.【シート見出しの色】を選択します。

【シート見出しの色】を選択




11.色を選びます。

色を選びます




12.【シート見出しの色】が変わります。




13.複数のシートに対して一度の同じ作業をする場合は【作業グループ】を設定します。




14.【東京営業所】【大阪営業所】【福岡営業所】の各シートを【Shift】キーを押しながら複数選択します。

【Shift】キーを押しながら複数選択




15.【経費予算実績表】の文字のフォントサイズを【14】にします。




16.入力されたデータを桁区切りにします。




17.合計を計算します。

合計を計算




18.【作業グループ】の解除は、作業グループ以外のシート名をクリックします。




19.関数で別シートのデータを参照して計算させます。




20.【経費予算実績】に各営業所の合計金額を表示させます。




21.【東京営業所】のデータを表示させます。




22.東京営業所のセルを選択します。

東京営業所のセルを選択




23.【=】を入力します。




24.【東京営業所】のシート見出しをクリックします。




25.セル【C9】を選択します。




26.【数式バー】に【=東京営業所!C9】と表示されます。




27.【Enter】をクリックすると【経費予算実績】が表示されます。

【経費予算実績】が表示




28.フィルハンドルコピーで実績のセルにも演算式をコピーします。




29.別の方法として【リンク貼り付け】を利用します。




30.大阪営業所の合計をコピーします。

大阪営業所の合計をコピー




31.【経費予算実績】の大阪のセルを選択します。




32.セルの上で右クリックし、【リンク貼り付け】を選択します。

【リンク貼り付け】を選択




33.データが表示されます。

データが表示




34.データの修正は、各営業所のシートでデータを修正します。

データを修正



エクセル2013で表やグラフを作ろうへ戻る

PR


動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro]
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
やよいの白色申告オンライン
ビジネスに適した機能を低価格で!さくらのレンタルサーバ ビジネス