ブックをガードするには

Excelのブックの中には、他人に見られたくない、改ざんされたくないというものがあるでしょう。このようなブックには、パスワードを設定してガードすることができます。

パスワードを付けてブックを保存するするには、ファイル ⇒ 名前を付けて保存を選択し、ファイル名を付けて保存ダイアログボックスで設定します。

ブックをガードするには1

次に、ダイアログボックスの右上にあるツール ⇒ 全般オプションをクリックします。

すると保存オプションのボックスが表示されるので、ここでパスワードの設定をします。

ブックをガードするには2

ブックをガードするには3

設定するパスワードには「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の2種類があります。

「読み取りパスワード」を設定すると、ブックを開くときにこのパスワードを知らなければブックを開くことができなくなります。

「書き込みパスワード」設定すると、ブックを開くことはできるが、上書保存ができなくなります。
このパスワードを入力しないで開くと、ブックは「読み取り専用」になり、ブックの更新(上書き保存)ができなくなります。勝手にブックが改ざんされるのを防ぐことができます。

ブックに設定した「読み取りパスワード」は絶対忘れないようにしましょう。忘れるとそのブックは二度と開けなくなります。




エクセルの裏技

トップ