友だち追加数

データの個数を数える

COUNT関数 COUNTA関数

エクセルで表を作り、データを入力していった時、最終的にデータの個数を数えるのは大変です。その時はCOUNT関数を使います。

数値が入ったセルを数える(COUNT関数)

○数値や文字などデータが入ったセルを数える(COUNTA関数)

エクセルでデータ数を数える




●売価が入力されているセルの個数(COUNT関数)

1.個数を表示させたいセルを選択します。



2.関数の挿入をクリックします。

関数の挿入をクリック




3.【関数名】から【COUNT】を選択します。なければ、【関数の分類】から【統計】を選択すると出てきます。

【COUNT】を選択




4.【OK】をクリックすると【関数の引数】が表示されます。

【関数の引数】が表示




5.データの範囲をしてします。「C3:C6」を入力します。

「C3:C6」を入力




6.【OK】をクリックすると数値データがあるセルの個数が表示されます。

数値データがあるセルの個数が表示





●商品名が入力されているセルの個数(COUNTA関数)

1.関数の挿入から【COUNTA】関数を選びます。

【COUNTA】関数を選びます




2.【関数の引数】で計算式と桁数を入力します。

計算式と桁数を入力




3.【OK】をクリックすると商品名があるセルの個数が表示されます。

商品名があるセルの個数が表示



エクセル2013で表やグラフを作ろうへ戻る