シート枚数が増えた時、目的のシートを選ぶには

Excelのワークシートは、メモリーの許容範囲内で何枚でも追加できます。

しかし、シートが数十枚になると、目的のシートを探すとき大変です。

シート名を付けていても、一定以上の枚数になるとスクロールバー内へ隠れてしまいます。

こんな時は、シート見出しの左にある見出しのスクロールボタンを右クリックします。

シート枚数が増えた時、目的のシートを選ぶには1

するとシート名の一覧が表示され、目的のシートを選択することができるようになります。

シート枚数が増えた時、目的のシートを選ぶには2

ただこれも15枚以上になると、それ以上は表示されません。その場合は、表示された一覧の一番下にある「シートの選択」をクリックします。

すると、「シートの選択」ダイアログボックスが表示され、ここにすべてのシートの一覧が表示されます。ここから目的のシートを選択するようにします。

シート枚数が増えた時、目的のシートを選ぶには3

慣れるととても便利な操作方法です。




エクセルの裏技

トップ