シートを非表示にしたい

データを隠す方法として、行列の非表示、シートの保護による数式の非表示などがありますが、シートを丸々非表示にして隠すこともできます。

シートを非表示にするには、以下のように行います。

非表示にしたいシートで、メニューバーの書式からシートをたどり、表示しないをクリックします。
これで簡単にそのシートは非表示になります。

シートを非表示にしたい1

ただこのままでは、シートから再表示を選択すると、いつでも再び表示されますので非表示の意味がありません。
そこで、ブックの保護機能を使って簡単には再表示できないようにします。

ブックを保護するには、ツールから保護をたどりブックの保護をクリックして、ブックの保護ダイアログボックスを表示させて設定します。

シートを非表示にしたい2

保護対象のシート構成にチェックを入れ、パスワードを設定します。
すると、確認ボックスも表示されるので、同じパスワードを入力します。

シートを非表示にしたい3

以上で設定完了です。
これで、書式からシートをたどっても再表示のコマンドは選択できなくなります。解除するには、ツールから保護をたどりブックの保護解除からパスワードで解除します。
再表示コマンドが選択できるようになります。

さて、シートを非表示にすると関数などの参照式が無効になると思われるかもしれませんが、全く関係なく参照できます。数式は有効に働きますの安心してください。また、グラフの元データは、行列の非表示で隠すと参照が無効になりますが、このシートの非表示では無効になることはありません。安心して使うことが出来ます。

ただし、設定したパスワードは絶対忘れないように気をつけましょう。




エクセルの裏技

トップ